スポンサーサイト

Posted by よしきち on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K沢とちょっとだけG阜。

Posted by よしきち on 06.2014 オフ会レポ   0 comments   0 trackback
季節の変わり目には風邪を引くことをカルマとしていますよしきちです。
なげくべきは、おのれの、がくしゅうのうりょくのなさ!

さて。時々留守にする際、うちの残念な猫さま達が用意したご飯を
一気に食べて、その辺に無慈悲なゲロテロをするので。。。
自動給餌器を買ってみたのですが。

ここからご飯が出ることは把握済みニャ!

……仕組みを理解したらしく、手を突っ込んでご飯を出すようになりました。
そして二日以上のお留守番になると、給餌器をひっくり返してご飯をぶちまけて食べてくれていました。
……足元が、猫餌の欠片でチクチク、チクチクと痛かったです。
ちなみに主に悪さをするのは宗君です。

前置きはこんな感じですが、もはやオフ会でもなんでもない、旅行をしてきました。
あいかわらず何を見ても何をしても兄さんにハアハアしてましたので一応…レポります。

お付き合い頂ける方は続きからどうぞ。


9月28日。
朝早めの新幹線なので、早起きして準備してましたら。

またどこかにいくのですね

こんな感じで見つめられてましたが準備して出掛けます。
一応自動給餌器を稼働させてきましたが、どれくらい正常に作動しているのでしょうか。
(このあと宗君が盛大にぶちまけてくれたようです)

新幹線と特急で移動して着きましたK沢。初北陸。

現地でwasaさんと合流。
ホテルに荷物を預けてとりあえず観光へ。

まず城。

ワシが作った
あいかわらずカメラを向けると「ワシが作った」風のポーズをされます。

城をうろついた後は物産館でお土産を見つつ試食。
兄さんが好きそうな海産物系も色々ありましたが、wasaさんはお菓子を買っていました。

時間がきましたら和菓子作り体験。
見本を見つつ、職人さんの解説を聞きつつ作るのですが、
私が作った和菓子、とくに茶きん絞りしたものが、可哀そうな感じになりました。

お菓子はこのあと美味しく頂きました

可哀そうな茶きんがうまいことあんまり見えてない写真を載せてみる。
右が私、左がwasaさん作です。(栗羊羹はお土産の既製品)

和菓子は持ち帰ったのですが、兄さんも和菓子なら一つくらいは頑張って食べてくれる…かもしれませんね。
でも多分「あまい・・・」って言いつつ、もそもそ食べそうな気がします。
森永君は「おいしいですよー」ってむしゃむしゃ食べそうです。

お菓子づくりの後で遅めのお昼ご飯を食べまして。

能○美術館なる場所へ。

ここでは能衣装を着させて貰えるので着てみました。

般若

翁

…お互い自分に似合う面をチョイスできたと思います。

能○美術館の後は近くのお店を覗いたりもしつつ。

ベタにこちらの美術館にきました。

金沢美術館

…なんかパンフに載ってそうな写真が撮れました。
こちらの美術館、色々展示あって楽しいのですが、見たかった二つの展示が丁度見れなかったorz

美術館を見終わってから、なぜか徒歩移動。
バスが一応あるけど徒歩。

途中O山神社に寄って参拝し、日が暮れてきたし晩御飯。

海鮮丼

魚です。
兄さんよりも森永君が喜びそうなネタが乗ってました。
兄さんは白身魚とか穴子とかしめ鯖とか好きそう。
森永君はサーモンとか甘エビとかトロとか…食後にアイスとか食べてそうです。

どうでもいいでしょうが私は全部好きです。

食後また歩いてホテルへ。
まだ19時とかでしたし、甘いもの食べたい気分だったので
昼間作った和菓子を二つ食べました。

その日はwasaさんは夜行バスであまり寝れてなかったのと、私も早起きだったこと。
そして次の日も早起きしないといけないので早めに寝ました。


9月29日。

朝起きて支度。予約していたバスに乗り、移動。
隣県のG阜は白○郷に行きました。

雪んこと

wasaさんの横の雪ん子の木像を見ては
「この恰好を小さい兄さんがしてたら?」「自分を抑えられない!」とか言ってました。
でも可愛い!想像したら可愛いんです!!

色々散策…。

白川郷


展望台に行くのに、登山道が通行止めだったので、
大回りのルートをひたすら歩き、軽く山登りをする羽目になりましたが登りまして。
写真を撮るサービスをしていたので珍しくツーショット。レア。

珍しい写真
お土産に小さいさるぼぼを買いました。色々バリエーションあって欲しくなったの…。
親にも一応聞いたら、金運が良いと即答されたので黄色と金色購入。
兄さんには仕事、学業運の青、森永君には恋愛運のピンクが喜ばれそうですww

帰りは「もう登山は懲り懲りだブヒー!」と私がブヒブヒ言ったのでシャトルバス。
再び集落内を見学したり、軽くご飯食べたり。

14時頃にまたバスでK沢へ戻ります。

駅でバスに乗って移動。
おやつ食べたい。ということで、昨日も実は行ったお店に再び。

うわあ、なんだかすごいことになっちゃったぞ

…とっても美味しかったのですが、もう甘いものはいい…。と二人でぼやきました。

おやつ食べたらこちらへ。
兼六園っぽい写真

夕方に行ったのが良かったのか、とっても空いてたK六園。
おやつ食べる前は団体さんがぞろぞろ居ましたが、我々が散策するころにはちらほらお客さんが居る程度。

根上がりの松

まったりと散策したら日が暮れたので移動。

帰る途中にある、お茶屋街を下見。

夜の茶屋街

雰囲気がありました。
ひたすら「兄さんは?芸妓の兄さんは歩いてないの?」と探しましたが歩いてませんでした。


9月30日

朝からバスで移動。
武家屋敷などを見て回ります。

昼前から茶屋街へ。

茶屋街

お茶屋さんを見学。

お茶屋遊びがしたい

わたしも金持ちになって、お茶屋遊びがしたい。
勿論芸妓は兄さんで。でも後ろに森永君が控えてるんだろうなあ…。
そして兄さんの掌で転がされるのか…。それもまた御褒美。

他にもお店に入ったりしつつ。
三味線体験が出来るというので体験。

これが意外と腕の筋肉を使いました。
そして、wasaさんはなんとなく、一通りの演奏が出来ていたように思いますが、

三味線~

私はなんか…つまづきながらしか演奏できませんでした。
さすが音楽2をとったことがあるだけあるなあと思います。
写真は弾けてる風に撮って!と撮らせたものです。
三味線

兄さんには絶対三味線が似合うよねー。
森永君は…後ろで太鼓的な鳴り物の演奏をしつつ目を光らせてそう。

三味線は結構放置プレイだったので、気が済むまで三味線で遊んでから
移動。
もう一つお茶屋を見学。

中庭

ここでもまた「これはエロい」「良い雰囲気」と小声で言っておりました。
芸妓さんはあくまで芸を売るだけなのは解ってますが、
兄さんが芸妓さんなら布団に引きずり込みたい。

夕方までうろちょろし、ご飯を食べて駅に戻り、私の方は電車なので
wasaさんとはここでお別れ。
…正直月一で遊んでいる。
そして気が付いたら兄さんのことを話している。

こんな感じですが終わります。
お付き合いありがとうございました~。
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://darenimoienee.blog75.fc2.com/tb.php/553-e2af2ed7

プロフィール

よしきち

Author:よしきち
『恋する暴君』狂いの管理人。

特に宗一兄さん萌えが末期です。
最近変態が加速してきて
人として色々とアウトです。

兄さんが好き過ぎてヤバい。
二次元逝きたい。

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。